プロフィール

村元 恒徳(むらもと ひさのり) テノール

青森市出身。弘前大学理工学部、東北大学大学院中退、宮城教育大学大学院を経て、東京藝術大学入学。東京藝術大学大学院オペラ科修了。高校より合唱を始め合唱ではバスパートを歌っていたが、東京藝術大学入学時にテノールへ転向。東京芸術大学在学中にはバッハカンタータクラブに所属し、教会カンタータ作品の研鑽を積む。第61回藝大メサイアテノールソリスト、第60回藝大オペラ W.A.モーツァルト≪Cosi fan tutte≫ フェランド役、ハイライト形式にてモーツァルト《フィガロの結婚》バジリオ役、ドニゼッティ《愛の妙薬》ネモリーノ役、その他、ベートーヴェン《第九》テノールソリスト、モーツァルト《レクイエム》テノールソリスト、ヘンデル《メサイア》テノールソリストなど務めている。声楽を、杉原かおり、應和恵子、原田博之、佐藤淳一、福島明也、Gerd Türk、Knut Schoch各氏に師事。現在、ハンブルグ音楽院にて研鑽を積んでいる。2019年にはハンブルグ・聖ミヒャエル教会に続き、ローマ・バチカンのサンピエトロ大聖堂やサンタマリアデッラーニマ教会にてカンタータのソリストを務めた。ハンブルグ在住。

サンプル音源

スキル

ドイツ語(B1-2レベル)、英語(A2-B1レベル)、イタリア語(基礎)

プログラミング(10年以上前の知識で古いですがC,Perl,HTMLなど)

LinuxやUNIXでのサーバー管理、ネットワークなどの基礎知識(10年近く自宅サーバーを運用していました)

CMS(Movable Type,MODx)でのサイト構築

アマチュア無線技士4級(中学生の時に取得)

趣味

サイクリング、モノづくり